気になるなたまめ茶の効能から人気商品のランキングまで

HOME » 美味しいなたまめ茶にチャレンジ » オススメの淹れ方と飲み方

オススメの淹れ方と飲み方

なたまめ茶を美味しく飲むコツをご紹介します。

美味しく飲むためには「煮出し」がおすすめ

なたまめ茶、美味しく飲んでみました。

今回は、取り寄せて比較した中で一番美味しかった富士の赤なたまめ茶を毎日の食生活に取り入れることにしました。

なたまめ茶は煮出しと急須、いずれでもお茶を淹れることができるものが多いです。

私のおすすめは断然「煮出し」。なたまめ茶の味の特長である香ばしさが、急須で入れるよりもしっかりと感じられるように思います。

気分的なものですが、効果もその方が良く出るような……全くの主観ですけど。

麦茶も水出しよりも煮出しの方が断然美味しいように、焙煎したお茶を一番美味しく楽しむのは、少々手間がかかってもじっくり煮出してあげることなのだと思います。

ホットとアイスはどちらが美味しい?

なたまめ茶は、ホットでもアイスでも美味しいですよ。

赤なたまめ茶には「アイスでも美味しくいただけます」という記述があったので、氷を入れて急冷してアイスティーにしてみました。

確かに美味しいのですが、香りが抑えられて、豆の味わいが全面に出るように感じました。

甘みを楽しみたいならアイス、香ばしさを味わいたいならホットといったところでしょうか?

好みの問題と言えますが、私は香りと味のバランスが良いホットの方が美味しく感じました。朝、1リットルを作って、保温ポットに入れて1日楽しむのが一番良いように思います。

また、このお茶はある程度の濃さがある方が美味しいのですが、氷を入れるとその分薄くなってしまうのも難点です。アイスにする場合は、普通よりも少し長めに煮出すか、ティーバッグを入れておく時間を長めに取るといいでしょう。

とは言っても、アイスでも美味しいものは十分美味しいですよ。

1日どのくらい飲んだの?

私たち夫婦の飲み方はこんな感じです。

まず、朝起き抜けに1杯。そして毎食後のコーヒーの代わりに1杯ずつ。私は400〜600cc、夫は400ccくらいだったと思います。

朝に多めに飲むのは、朝飲むと鼻の重さがずいぶん軽くなる、と夫が言ったため。花粉症の時期に鼻がむずかゆくなる私も、予防のつもりで朝に多めに飲むようにしました。

なたまめ茶はノンカフェインなので、夜に飲んでも眠れないということはありません。夕食後に少量でも飲むようにすると、寝ている時と翌朝の辛さが軽減できるようでした。

少し温度を冷ましたものをペットボトルに入れて持ち歩き、いつもの水分補給の変わりに取り入れてあげるのも良いかもしれません。口臭が気になる方には特にオススメ。さりげなーくお口のケアがでて、一石二鳥です。

私が購入した美味しいなたまめ茶はコチラ

 
なたまめ茶の効能をリサーチ