気になるなたまめ茶の効能から人気商品のランキングまで

HOME » 美味しいなたまめ茶にチャレンジ » 美味しいなたまめ茶ランキング

美味しいなたまめ茶ランキング

7種類のなたまめ茶を、おすすめ順にランキングにしてみました。

長く続けられる3つのポイントとして、価格・味・安全性で比べています。

  • 価格
    安ければ良いわけでもありませんが、定期的に購入できる金額かどうかは重要です。
    1箱分の金額だけでなく、1リットルあたりの単価にも注目しています。

  • 長く続けるための1番のポイント!同じなたまめ茶でも味わいはかなり違います。
  • 安全性
    国産のなたまめか無農薬かなど。毎日飲むものだからこそ、特に気を付けたいところです。

私個人の感想も入っていますが、商品選びのお役にたてれば嬉しいです。

第1位
富士の赤なたまめ茶
富士の赤なたまめ茶
販売元:健康応園
価格 2,625円(4g×30包)/1リットルあたり87.5円。
炒り豆のように香ばしい、ほんのり甘い旨味の感じられる美味しいお茶。
後味もすっきりしていて、飲みやすいです。
安全性 静岡県産の赤なたまめを使用。
契約農家で農薬、化学肥料を使わず栽培されているそうです。
コメント なたまめ特有の成分が多く含まれた、国産の赤なたまめ100%のお茶です。
味はとにかく美味しい!のひとこと。クセのない味わいで、好き嫌いなく飲めると思います。アンケートでは94%の方が「また飲みたい」と答えているのだとか。
送料が無料なのも、嬉しいポイントです。
「富士の赤なたまめ茶」はこちらから購入できます
第2位
丹波なた豆茶
丹波なた豆茶
販売元:こやま園
価格 2,500円(3g×30包)/1リットルあたり83.3円。
丹波産の豆の甘さを全面に出したお茶です。
香ばしさはないものの、豆本来の優しい甘みが広がります
安全性 白なたまめを使用。
丹波の直営農家が種子から管理し、農薬、化学肥料を使わずに栽培しています。
コメント じんわりと優しい、豆の甘味が楽しめるお茶です。
HPには生産農家の写真がたくさん載っており、なたまめが育つ様子を見ることができます。
手軽に淹れることができる、粉末のなたまめ茶もあるようですよ。
「丹波なた豆茶」はこちらから購入できます
第3位
大山のなたまめっ茶
大山のなたまめっ茶
販売元:有限会社新興
価格 2,500円(3g×30包)/1リットルあたり83.3円。
香ばしさとほのかな薬の香りがする、健康茶らしい味です。
安全性 鳥取産の白なたまめを使用。
農薬、化学肥料を使わずに栽培されています。
コメント 健康茶らしい香りで、杜仲茶のような味わいです。
HPにはなたまめの情報などが充実。生産秘話などもあって、親しみやすい雰囲気です。
「大山のなたまめっ茶」はこちらから購入できます
第4位
薩摩刀豆 なたまめ茶
薩摩刀豆 なたまめ茶
販売元:マイケア
価格 3,400円(3g×30包)/1リットルあたり226.6円。
はと麦の香りが強めのお茶。ブレンド茶なので飲みやすいです。
安全性 使用している赤なたまめは鹿児島産のものです。
ブレンドに使われているはと麦、黒豆などの材料もすべて国産のもの
コメント はと麦の香りが強く、豆の風味が苦手な方には良いと思います。
ブレンド茶なので、100%なたまめを求める人には、向かないかもしれません。
ブレンドされているすべての材料が国産なので安心ですが、その分価格がちょっと高めなのは残念。
「薩摩方豆 なたまめ茶」はこちらから購入できます
第5位
刀豆茶
刀豆茶
販売元:ミナミヘルシーフーズ
価格 1,065円(2g×30包)/1リットルあたり59.16円。
健康茶らしい、ほんのりと薬のような味がします。
安全性 中国産の白なた豆を使用。
コメント 1リットルあたり59.16円という低価格と、1箱1,000円ちょっとで買える気軽さが良いです。
原産国など、商品に関する情報がHPに載っていないのが気になりました。
「刀豆茶」はこちらから購入できます
第6位
白刀豆茶
白刀豆茶
販売元:山本漢方製薬
価格 583円(6g×12包)/1リットルあたり121.45円。
薄いコーヒーのような焙煎の香りと苦みが特徴的。
安全性 中国産の白なたまめを使用。
コメント 焙煎が強いのか、コーヒーのような香りと苦みがあります。豆っぽさが苦手な人にはいいかも。
1リットルあたりの価格は高めですが、1箱の価格が低めなので、なたまめ茶を試してみようと思った場合には便利です。
「白刀豆茶」はこちらから購入できます
第7位
刀豆茶
刀豆茶
販売元:高味園
価格 1,400円(3g×32包)/1リットルあたり87.5円。
渋くてちょっと豆の青臭さが感じられました。
安全性 中国産の白なたまめを使用。
コメント 渋味が強いので、かなり好みが分かれる味です。
残念ながら、ホームページで はあまり商品に関する情報を得ることができませんでした。
急須で手軽に淹れられるので、煮出すのが面倒な時も、手軽につくることができます。
「刀豆茶」はこちらから購入できます

日常的に飲み続けたくなる、美味しいなたまめ茶

富士の赤なたまめ茶はホットでもアイスでも美味しく飲めます。

私が1位に選んだのは富士の赤なたまめ茶です。

理由は、なんと言ってもその美味しさ!健康茶としてではなく、飲み物として美味しいと感じられたのが、富士の赤なたまめ茶でした。

炒り豆のようなほどよい香ばしさと、ほんのり甘い豆の旨味を楽しむことができる、バランスの良い味です。

後味もさっぱりしているので、食事中のお茶としてもぴったり。渋みや苦味などのクセがないので好みに左右されず、ずっと飲み続けても飽きがこない、誰にでもオススメできるお茶だと思います。

「なたまめ」へのこだわりが感じられるお茶

富士の赤なたまめ茶は、国産赤なたまめだけで作られています。

安全性には特にこだわっていて、原料となるなたまめを、完全無農薬・化学肥料未使用の畑で栽培しています。

さらに、製造・加工まで自社工場で行い、品質を保っているのだとか。

味の決め手となる焙煎は、専門の職人さんが状態を見ながら、炒り具合などを微妙に調整し、最高の味を保つように努力されているそうです。

「富士の赤なたまめ茶」の情報はホームページで確認できます

 
なたまめ茶の効能をリサーチ