気になるなたまめ茶の効能から人気商品のランキングまで

HOME » なたまめが効能を発揮する症状 » 歯周病、歯槽膿漏

歯周病、歯槽膿漏

歯周病・歯槽膿漏の基礎知識や治療法、なたまめの効能について紹介します。

歯周病、歯槽膿漏とは

年齢とともに歯茎が痩せ、そこに歯石や歯垢が溜まり、歯茎が腫れて膿んでしまうのが歯周病、歯槽膿漏です。

30代くらいから起こりやすい病気ですが、気づかない人も多く、歯茎から出血して初めて気づく「隠れ歯槽膿漏」もいます。歯茎が赤く腫れていたら歯槽膿漏のサインです。

歯槽膿漏は、虫歯になりやすく、歯の健康を損ねるだけでなく、膿みがあることで口臭の原因にもなります。朝起きた時に口が生臭い場合は歯槽膿漏を疑ってもいいかもしれません。

歯周病、歯槽膿漏の予防と治療

塗り薬を歯医者さんで処方してもらう他、定期的に通院して歯石を取ることで歯周病、歯槽膿漏の予防になります。

さらに特殊な機械を使って歯周ポケットケアを行うこともできますが、保険が効かないためにかなりの高額になることもあります。

軽い歯槽膿漏であれば、自宅ケアでも十分回復の可能性があります。電動歯ブラシなどできちんとした歯磨きを行う他、フッ素やキシリトールなどで口腔ケアを行うのも効果があるようです。

なたまめの効果

血行の促進、代謝の促進によって、歯茎の膿みが排出されるという効果がある、と昔から言われてきました。このデトックス効果で内側から排出するというのが有効なようです。

また、なたまめ茶のほか、なたまめの歯磨きなどもあり、歯槽膿漏ケアや口臭予防の歯磨き粉として愛されています。

歯磨き粉までは…という方は、なたまめ茶でうがいするのもおすすめです。私も飲み始めてから毎朝うがいしていますが、かなりすっきりします。出先で歯磨きできない時などにもおすすめです。

なたまめの効能に惚れ込んで、自分のクリニックで治療に使用している歯科医師さんもいるそうですよ。

注目の成分はコレ!

なたまめ特有の成分カナバニンは、強い排膿作用を持っています。この効能で、歯茎に溜まった膿を排泄し、正常な状態へと近付ける手伝いをしてくれるのです。

歯周病や歯槽膿漏の予防には、口内の悪玉菌を抑えることも重要となってきます。このためには、衰えた免疫力をアップさせてあげることが必要です。カナバニンは、毒素を体外に排出させることで、免疫力の向上も助けてくれます。

また、豊富に含まれているミネラルの内、マグネシウムとリンは、正常な骨=歯の形成に欠かせないもの。特にリンは、不足すると歯槽膿漏の原因となってきます。

歯周病・歯槽膿漏の原因である膿を排出し、免疫力を高め、歯を丈夫にする。口内環境を整えるのに、うってつけだと言えるでしょう。

 
なたまめ茶の効能をリサーチ