気になるなたまめ茶の効能から人気商品のランキングまで

HOME » なたまめが効能を発揮する症状 » 切れ痔、イボ痔

切れ痔、イボ痔

人にいえない切れ痔、イボ痔の基礎知識と予防、なたまめ茶の効果について紹介します。

痔とは

あんまり人に言えない病気のひとつが「痔」。なんとなく、男性に多いイメージだったのですが、実は女性に多い病気なのだと知ってびっくりしました。

痔は、お尻の静脈が圧迫され、血液の流れが滞ること等によって発生する病気で、運動不足や、デスクワークによってかかりやすくなるのだそうです。

ひどい便秘でいきんだことがきっかけで痔になる人も多く、排便するときに肛門が切れて出血する「切れ痔」のほか、肛門の外や内側に膿みができて痛みが起きる「イボ痔」などがあります。

ひどくなると肛門の内側にできた膿みが外に飛び出すこともあり、手術で取り除かなくてはいけない状況になることもあります。

なたまめの効果

痔の中でも、膿みが溜まってしまう「イボ痔」に大しては、なたまめの持つデトックス効果が特に効果的だと言われています。

これは、特にお茶を塗ったりするわけではなく、普通に飲んでいることで膿みを排出することが期待できるのだとか。

また、痔の大きな原因は「冷え」と「血行不良」なので、なたまめ茶を飲んで血行を良くすることで、「切れ痔」に対しても予防効果があると言えそうです。

人には言えない悩みを解決してくれる

女性は妊娠・出産をきっかけに体質が変わり、便秘にもなりやすく、それがきっかけで「切れ痔」になることがあります。

そんなある女性が、こっそりなたまめ茶を試したところ、血行が良くなったことで、気づいたらほとんど「切れる」ことがなくなったそうです。

いぼ痔ではないので、膿だしの効果については不確かな部分がありますが、「血行促進」という意味では痔にも効く、と言えそうです。

使用後のティーバッグで更なるケアを

なたまめを効果的に取り込む方法は、お茶として飲むのが一般的。

お茶を煮出した後のティーバッグは捨ててしまうのですが……それではもったいない!なぜならティーバッグには、まだまだなたまめの成分がたっぷり残っているからです。

入浴の際、体を洗ったあと、使い終わったティーバッグで患部を軽くパッティングしてあげると良いでしょう。

体の内と外、両方からなたまめの優秀な抗炎症作用を与えてあげることとなります。

痔に限らず、肌荒れの酷い個所に使ってあげるのもいいと思いますよ。

 
なたまめ茶の効能をリサーチ