気になるなたまめ茶の効能から人気商品のランキングまで

HOME » なたまめが効能を発揮する症状 » 蓄膿症

蓄膿症

蓄膿症に関する基礎知識と、なたまめ茶の効能について紹介します。

蓄膿症とは

蓄膿症は、「副鼻腔炎」が慢性化した状態のことです。

風邪等がきっかけでかかることが多く、たまった膿が、そのまま排泄されず溜まることで慢性化してしまうのだそうです。

ニオイのある濃い鼻水や鼻づまりがあったり、ひどい人は頭痛や鼻の周りの痛み等の症状が現れ、匂いがなくなったり、手術をする人までいます。

大人から子どもまで誰もがかかる可能性がある病気ですが鼻が小さい、曲がっているなどで重症化しやすい人、とそうでない人がいるようです。

また、蓄膿症は鼻イビキの原因にもなります。さらに、鼻づまりがひどいと不眠を誘発することもあるため、かかった人はかなりツライ毎日を送ることになるようです。

ひどいときは自分のイビキで夜中に起きることもあったようで、家族はもちろん本人にとっても早く治したい病気のひとつです。

蓄膿症の治療

蓄膿症の治療は、手術して粘膜を取り去る方法と、薬で治療する療法があります。

手術をしない場合、抗生物質などの薬を内服する“薬物療法”と、副鼻腔内の排膿や換気を促したり、炎症を起こしている粘膜に薬を塗布または噴霧する“局所療法”が有効です。

いずれにしても、定期的に通院することが必要ですが、抗生物質やステロイドを長く摂取することに抵抗のある人も多く、民間療法での療養を試みる人も多いです。

なたまめの効能とは

なたまめは蓄膿症の民間療法として、古くから愛用されていました。

血行が良くなり、代謝も上がるために、鼻の通りが良くなるのが、大きな改善のポイントなのだそうです。

症状の軽い人なら、飲んですぐに鼻の通りが良くなり、鼻水が薄くなることもあるようです。

私の夫の場合は鼻周りの重さが軽くなった、というのが最初の印象でした。最近は鼻づまりが軽くなったという実感も出ているようで、なたまめ茶の効果を感じているようです。

有効成分はコレ!

なたまめから初めて検出されたアミノ酸「カナバイン」は、優れた排膿作用と抗炎症作用、血液や液体の浄化作用、血行促進作用を持っています。

鼻の中で膿が生産されるのを防いでくれる上に、しっかり排泄までしてくれます。

また、免疫力を高める効能もありますので、鼻の粘膜の強化が期待できます。

学会でも発表された、なたまめ茶の使用経験

厳密には蓄膿症と違うのですが、「歯性上顎洞炎」という、病原菌が基で発症する鼻の病気があります。

その患者さん12人に、毎日ナタマメ茶を約1リットル飲んでもらうという臨床実験を行ったところ、結果12人の内10人に、患部の回復が見られたそうです。

「膿を排泄する」という効能は、鼻の機能改善に効果的であることは、ここからも分かってきますね。

人気なたまめ茶の比較ランキングはこちら

 
なたまめ茶の効能をリサーチ