気になるなたまめ茶の効能から人気商品のランキングまで

HOME » 厳選!なたまめ茶カタログ » 山本漢方製薬「白刀豆茶」

山本漢方製薬「白刀豆茶」

山本漢方「白刀豆茶」の商品を実際に試した感想と口コミの紹介です。

漢方製薬会社のつくったなたまめ茶

白刀豆茶

  • 価格:1029円(定価)、583円(ネット実売価格)
  • 内容量:6g×12包
  • 1リットルあたりの値段:214.375円(定価)、121.45円(実売価格)
  • 産地:中国産

「大麦若葉」「杜仲茶」などを販売している漢方製薬会社です。ドラッグストアなどでよくみかける1,000円前後の健康茶の会社みたいです。

ホームページを見てみると、白刀豆茶以外でも見たことがある商品がたくさんあるので、ちょっと安心かなとおもいました。

ただ、原産国が中国と書いてあるだけなので、他の会社の製品に比べるとちょっと安全性という部分では気になります。

1番美味しいなたまめ茶はどれ?ランキング

実際に淹れて飲んでみました!

<淹れ方>

やかんに400ccのお湯と1パックを入れて5分以上とろ火で煮だし、数回にわけて飲むとのこと。よくある煮だしタイプですが、煮だしで400ccというのはちょっと少ない気がします。

濃くなる場合はパックを取り除いてください、というのもイマイチタイミングがわかりにくかったです。結局5分煮出して取り出しました。

<味>

白刀豆茶淹れてみました。

カップに近づくと、なんとなく焦げた匂いがします。飲んでみるとかなり苦いです。豆の味はほとんどしません。

イメージとしてはエスプレッソコーヒーを10倍くらいにお湯で薄くしたような感じ?後味も焦げた匂いが残ります。苦さも濃さも、漢方の煎じ薬のような、若干飲みにくい印象です。

 

夫の意見:苦くて漢方っぽくて飲めないとのこと。「これを最初に飲んだら、なたまめ茶は飲みたくない飲み物になるかも」と言っていました。

 

<中身>

白刀豆茶の中身。

豆のつぶつぶのみが入っています。全体に真っ黒で焦げた匂い。

食べてみたのですが、焼き魚などの「焦げた部分」を食べているようで、飲み込むことができませんでした。

 

その他の口コミ情報

  • 説明書どおりに作るとかなり味が濃いので2回目からは少しパックを少なめに入れています。風味も焙煎特有の苦味がありますがおいしいです。
  • 弱火でじっと待たないといけないので、すぐに飲みたいときに飲めるって感じではなく面倒なので、一度に2L ぐらい作るようにしています。香りもお茶の濃さもそれほど影響はないように思います。が、適量は探索中。
  • 健康茶みたいで飲みやすい。安いのと大手の会社なので安心して買えます。
 
なたまめ茶の効能をリサーチ