気になるなたまめ茶の効能から人気商品のランキングまで

HOME » 厳選!なたまめ茶カタログ » こやま園「丹波なた豆茶」

こやま園「丹波なた豆茶」

こやま園「丹波なた豆茶」を実際に飲んでみた感想と口コミの紹介です。

なたまめ茶専門会社の作る安全なお茶

丹波なたまめ茶

  • 価格:2500円
  • 内容量:3g×30包
  • 1リットルあたりの値段:83.3円
  • 産地:日本、兵庫

兵庫県丹波にある「有機豆本舗丹波」が作っています。

ホームページを見ると、なたまめ茶だけを作っている会社のようで、商品は「5g」「3g」「粉」の3種類だけでした。

個人的には粉のお茶も気になったのですが、こちらはお湯には溶けきらない粉のようなので、粉っぽいのが苦手な方はちょっと無理かも。

成分や栄養の話のほか、農場の写真などもいっぱいあって、こちらも製品については安心できる会社だと思いました。無農薬もポイントですね。

なたまめ茶を比較してみました

実際に淹れて飲んでみました!

<淹れ方>

やかんに1リットルのお湯と1パックを入れて弱火で5〜10分の煮だし。ティーバッグは取り出さずに蒸らす方が美味しいとのこと。

急須でも淹れられるそうですが、煮だし+蒸らしが基本なので、ちょっと薄めな感じです。

<味>

丹波なたまめ茶淹れてみました。

口に含むと豆の甘さが広がり、後味にも豆の甘い味が残ります。

味の強さのわりには香りはあまりないので、全体的に「豆!」という主張が強い感じ。

なたまめ茶の中では、かなり美味しい方かなと思います。

 

夫の意見:ほんのりとした甘さが、逆に気になるようです。「甘さが少し薬っぽい。甘くなければ美味しいかも」とのことでした。

 

<中身>

丹波なたまめ茶の中身

豆とさやがわりとそのままの色で残っています。

つまんで食べてみると、豆の甘さが主張しています。中身も甘い。

香りがほとんどないので、あまり炒ったりはしていないのかもしれませんね。

 

その他の口コミ情報

  • 癖のある味ですが慣れれば大丈夫。気にならなくなり、美味しく飲んでいます。
  • そば茶の味に似ているのかよく「そば茶ですか?」と聞かれます。
  • 今までに飲んだことのない味。麦茶でもウーロン茶でもない、不思議な味。ですが、美味しくないわけではなく、ぐいぐい飲めます。
  • お茶のパックを煮出す前に少し入れて放置しておくと、出やすくなる気がしました。
 
なたまめ茶の効能をリサーチ